それはきっと夏だった (回忆一夏)

鹿乃-それはきっと夏だった

1 0 0
歌手 : 鹿乃
语种 : 日语
时长 : 03:28

鹿乃-それはきっと夏だった 歌曲下载

FLAC

SQ无损音质

APE

SQ无损音质

MP3(320kbit/s)

HQ极高音质

MP3(128kbit/s)

标准音质下载

AAC(192kbit/s)

较高音质下载

OGG(192kbit/s)

较高音质下载

AAC(96kbit/s)

流畅音质下载

LRC

歌词下载

鹿乃-それはきっと夏だった 在线试听

登陆后才能试听
それはきっと夏だった (回忆一夏) - 鹿乃 (かの)
词:鹿乃
曲:鹿乃
编曲:Coch
夏になるたびに思い出す
ひどく傷んじゃった後悔
もう一回って もがいて
バカだな 忘れたいはずなのに
会いたいと願ってる
そっと 顔をあげると
懐かしい景色
セメント色した波の向こうに
君を探した
ここにいるはずないのに
夏の温度に溶け出した
アイスみたいな
柔な心のままに駆ける
わかっていたんだ
だから嫌いだ 夏が嫌いだ
宵闇高く 咲いた花火が
水面に映す オレンジ色
潮騒はこぶ 記憶の欠片
眩しすぎて
ホントは泣いて叫んで
足掻いて藻掻いて
声が届くのなら
子供の顔して誤魔化したいよ
最低なんて無理して笑って
薄めた傷跡にそっと泣いた
眠れない夜がまたきた
君がいなくたって案外
元気にやって 笑っていたのに
そこらじゅうに溢れた
君が僕 掴むから
ムッとしたことだって
星の数ほどに
いいとこばかり
じゃないはずなのに
記憶の中の
君は優しいばかりで
夏の温度に溶け出した
アイスみたいな
柔な心のままじゃうまく
生きてはいけない
だから嫌いで 夏が嫌いで
宵闇高く 咲いた花火が
水面に映す オレンジ色
潮騒はこぶ 記憶の欠片
眩しすぎて
ホントは泣いて叫んで
足掻いて藻掻いて
声が届くのなら
子供の顔して誤魔化したいよ
最低なんて無理して笑って
薄めた傷跡にそっとまだ

你可能喜欢的专辑

你可能喜欢的歌单